NEWS
ABOUT
TOKYO
市場三郎
OSAKA
CAST
STAFF

ABOUT

歌喜劇とは?
濱田さん

大きな鼻歌のように、ブルースアカペラのように、
演奏無しに舞台上で出演者が歌いだす。
それはまるで、あたかも即興で自由に感じたままを歌っているかのように。

日本人に親しみのある言葉やメロディー、子供でも理解できるまっすぐな歌詞。
これは音程や音階などに縛られない世界での、全く新しい音楽劇。
歌喜劇は現実的であり、また虚構の世界でもあり、
歌う事が滑稽でいてそこには計り知れない感動が生まれるのです。

結婚式で親戚のおじさんの
ヘタクソな歌に泣かされ爆笑することもありますから……

脚本・福田転球

濵田崇裕(ジャニーズWEST)のハマり役が再び! 市場三郎が帰ってくる!!

2016年、濵田崇裕(ジャニーズWEST)初の単独座長を務め上演した「歌喜劇/市場三郎~温泉宿の恋」。
“天然で、頑張っても空回り、だけど困った人を見過ごせず情に厚く真面目な男、市場三郎”を地でいくと言っても過言ではないほどのハマり役となった濵田が、アカペラの歌に心情や情景をのせて物語を紡ぐ“歌喜劇(かきげき)”という新しいジャンルで演技力・歌唱力、更に自身の魅力を爆発させ、観客を作品世界に引き込みました。その後、映画や主演ドラマなど俳優としての活躍の場をさらに広げ、表現力に磨きをかけ、“市場三郎”として再び舞台へ戻ってきます。
物語の舞台は、前回公演でも予告されていた次の社員旅行の地グアム!
第一弾では、訪れた温泉街で出会った女性と恋に落ちるかと思いきや結局はフラれてしまった三郎。旅先での恋は懲り懲りと言う三郎は、グアムでどのような恋に巡り合うのか⁉

奇才・河原雅彦と異才・福田転球が贈る、歌劇×喜劇=歌喜劇が再び!

2016年の公演は、演劇界のみならずエンターテインメント業界から常に注目を集めるクリエイターである河原雅彦からの指名で、俳優であり、劇作家・演出家でもある福田転球が脚本を書き下ろし、福田自らのユニットで創り上げたオリジナルジャンル “歌喜劇”での上演に挑みました。“歌喜劇”とは、舞台セットや小道具を究極に排した舞台上で、日本人に親しみのある言葉やメロディー、子供でも理解できるまっすぐな歌詞を、即興で自由に感じたままをアカペラで出演者が歌い出し、演者と観客の持てる想像力を使って物語の情景を浮かび上がらせるという、全く新しい音楽劇です。 「温泉宿の恋」は、仕事の辛さや、温泉の楽しみ、ホテルのバイキングなど様々な日常のシーンを、セリフの掛け合いから展開するアカペラのハーモニーに乗せてお贈りし、舞台ならではの魅力にあふれた作品として好評を得ました。 この河原と福田が再びタッグ組み、“市場三郎”シリーズ第二弾を上演いたします。

第二弾の物語の舞台は、主人公・市場三郎をはじめとする一行が訪れたグアム。初めての海外旅行に浮足立つ三郎たちは、海でナンパに挑戦し、ショッピングに勤しみ、観光地を訪れるなど、旅行を満喫。ハプニングに巻き込まれながらも、三郎は“グアムの恋”に巡り合い……。今度こそ三郎の恋は成就するのか⁉
共演は、前回公演に引き続き玉置孝匡、高木稟、前田悟、山岸門人、シューレスジョー、松之木天辺、さらに大和田美帆、玉置成実、小松利昌と新たなキャストを迎え、笑って泣ける人間味あふれる物語を、ハートウォーミングかつスタイリッシュに上演いたします。